HTTPS(常時SSL)化とは?【Really Simple  SSL】というプラグインを使い、WordPressをHTTPS(常時SSL)化する設定方法を解説

飯島裕之ことKunKunです!

本日もWEBを使って楽しく稼ぐための正しい知識・情報を発信します。

 

昨今、GoogleがHTTPS化を推奨していますが、あなたのWordPressブログのHTTPS化は済んでいますか?

HTTPS化が済んでいるサイトURLはアドレスバーに以下のように表示されます。

保護された通信」と表示されていて、先頭に「カギマーク」も付いていますね。

要するに、HTTPS化するとセキュリティ対策になると同時に、読者に対しても「これは安全なサイトですよ」と示す効果があるんです!

なので、まだあなたのWordPressブログのHTTPS化が済んでいないようであれば、必ず行う必要があります!が、HTTPS化ってなんだか難しそうですよね?設定も慣れていない人にはハードルが高くて面倒くさそう…

と諦めたくなりますが、【Really Simple  SSL】というプラグインを使うことによって、難しい設定は行わずに、簡単にHTTPS化を行うことができるんですよ!

ということで、この記事では

  • HTTPS(常時SSL)化とは?の概要
  • 【Really Simple  SSL】で簡単にHTTPS化する方法

をお伝えしていきます。

 

HTTPS(常時SSL)化とは

HTTPS(常時SSL)化とは…

ウェブサイトのすべてのページを暗号化することであり、サイトのURLを通常の「http://〜」から「https://〜」に変更することを指します。

ぱっと見わかりにくいですが、違いは「http」の後に「s」が入っているかどうか?です。

 

で、HTTPS化することで得られるメリットは主に以下の4つとなります。

  • サイトのセキュリティー強化
  • 主要ブラウザでのサイトの表示速度が早くなる
  • SEOに少しだけ有利になる
  • 読者にサイトの信頼性をアピールできる

といったように、多くのメリットがありますし、GoogleもHTTPS化を推奨していることもあるのでHTTPS化はしておくことをおすすめします!

【Really Simple  SSL】というプラグインを活用するとHTTPS化の手順をこれだけ省ける

で、今回HTTPS化するにあたり【Really Simple  SSL】というプラグインを活用すると簡単だよー!という事をお伝えしましたが…

じゃあ実際、「プラグインを使わず手動でやる場合と比べてどれくらい簡単か?」をお伝えするために、以下に「手動の場合にやる手順」と「【Really Simple  SSL】というプラグインを使った場合の手順」を箇条書きでまとめてみました。

手動の場合にやること

  1. サーバーでSSL化する
  2. WordPressの一般設定のURLを変更する
  3. WordPressのテーマ内を修正する
  4. 記事内などの内部リンクを修正する
  5. リダイレクト設定を行う
【Really Simple  SSL】というプラグインを使った場合にやること

  1. サーバーでSSL化
  2. 【Really Simple  SSL】をインストール・有効化

いかがでしょうか!いかに【Really Simple  SSL】を使ったHTTPS化が簡単かがおわかりいただけたと思います(笑)

【Really Simple  SSL】というプラグインを使えば、手動の半分以下の時間でHTTPS化することができます!

 

ということで、次は【Really Simple  SSL】を活用したHTTPS化の手順を解説していきますね。

【Really Simple  SSL】を活用したHTTPS化の手順

 

①,サーバーでSSL設定を行う

まずは、お使いのレンタルサーバーでSSL設定を行っていきます。

 

今回は、僕が実際に使っているレンタルサーバーであるX SERVER(エックスサーバー)を例に手順解説いたします!

ちなみに、X SERVER(エックスサーバー)はSSL設定を無料で行うことができるのでおすすめです。

X SERVER(エックスサーバー)の詳細はこちら



それでは手順を解説いたします。

1,サーバーパネルにログイン後、【設定対象ドメインデータ】にて任意のドメインを選択

X SERVER(エックスサーバー)のサーバーパネルにログイン後、【設定対象ドメインデータ】にてHTTPS化したいドメインを選択します。

 

2,【ドメイン】-【SSL設定】をクリック

 

3,【独自SSL設定の追加】をクリック後、【独自SSL設定を追加する(確定)】をクリック

クリック後、以下のように「SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください。」と表示されるので数秒〜数分待ちましょう!

数分後、以下のように「独自SSL設定を追加しました。なお、SSL設定が反映するまで、最大1時間程度かかります。今しばらくお待ちください。」という画面が表示されます。

以上で、レンタルサーバー(X SERVER)でのSSL設定は完了です。

が、表示にもあるように反映には1時間程度要します。

 

この間、SSL 設定をした「https://〜」のURLにすぐにアクセスすると…

以下のような画面になってしまいます。この表示がされている段階では、まだプラグインは適用しないでくださいね!

注意
1時間ほど経過し、実際に「https://〜」のサイトが正常に表示されるようになることを確認してから、プラグインの導入・設定を行ってください

 

②,WordPressに【Really Simple  SSL】というプラグインをインストール・有効化

お使いのレンタルサーバーでのSSL設定が完了し、あなたのサイトが「https://〜」と表示されるようになったら、

次はWordPressに【Really Simple  SSL】というプラグインをインストールし有効化していきます。

 

WordPressに【Really Simple  SSL】をインストールするには

【ダッシュボード】【プラグイン】【新規追加】で表示されるページ(プラグインの検索ボックス)で「Really Simple  SSL」とワード検索すると出てきます。

尚、プラグインのインストール方法を詳しく知りたい!という場合はこちらの記事で解説していますのでご参考くださいね!

WordPressを便利に運営するために必要な「プラグイン」とは?概要とインストール方法を解説

2017.03.28

下記画像のような「Really Simple  SSL」というプラグインが表示されたら、【いますぐインストール】と書かれた箇所をクリックした後【有効化】をクリックします。

プラグインの有効化をすると、以下のような画面が表示されますので【はい、SSLを有効化します。】をクリックしましょう!

 

以上でSSLの有効化は完了となります。

注意
プラグインを有効化し、すでに「http://〜」で運営していたサイトを「https://〜」と常時SSL化した場合は以下の項目を行ってください。

  • Googleサーチコンソールの登録のし直し
  • GoogleアナリティクスのURLを修正
  • アフィリエイトリンク(カエレバ等)の修正
  • SNSカウントの引き継ぎ

まとめ

ということで、今回の記事では

  • HTTPS(常時SSL)化とは?の概要
  • 【Really Simple  SSL】で簡単にHTTPS化する方法

をお伝えしましたがいかがでしたでしょうか!

HTTPS化は難しいイメージがあり、設定もハードルが高くて面倒くさそうに感じますが、【Really Simple  SSL】というプラグインを使い、難しい設定は行わずに、簡単にHTTPS化を行うことができます。

HTTPS化することにより、セキュリティ対策になりますし、読者に対しても「これは安全なサイトですよ」と示す効果があります!GoogleもHTTPS化を推奨していることもあるので、まだあなたのWordPressブログのHTTPS化が済んでいないようであれば、必ず行うようにしましょう!

また、WordPressを円滑に運営するために必須なプラグインとして「おすすめプラグイン12選と、それぞれの使い方・インストール・設定方法」をご紹介した以下の記事もよかったら参考にしてみてくださいね!

WordPress運営に必須なおすすめプラグイン12選!それぞれの使い方・インストール・設定方法までご紹介

2017.11.01

ということで、今回の記事は以上になります。

今すぐ無料で受け取れる本教材を元に、WEBから月30万円 稼ぐ自動収入の仕組みをつくりませんか?

『ブログ・メルマガで月30万円稼ぐマーケティングパパがお伝えするアフィリエイトのスタートアップ講座』を今だけ無料でプレゼントしています!

内容は70項目以上の章・総文字数30万文字超の大ボリュームコンテンツとなっており、さらに有料級豪華特典も付いております。本教材を元にWEBから月30万円稼ぐ仕組みをつくりませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください