WordPressで記事を投稿する際の【カテゴリー】と【タグ】の設定手順と注意すべきポイントを初心者さん向けに解説!

飯島裕之ことKunKunです!

本日もWEBを使って楽しく稼ぐための正しい知識・情報を発信します。

 

今回はWordPressの記事投稿時に設定必須の【カテゴリー】と【タグ】の正しい設定方法と、注意すべきポイントをお伝えしていきます。

WordPressにおいて、【カテゴリー】と【タグ】の設定って地味に面倒臭いし、イマイチ重要視せずに適当に設定してしまいがちですよね。しかし、【カテゴリー】と【タグ】はサイトのユーザビリティ(ユーザーの使いやすさ)向上に非常に大事な役割を担っています。

あなたのサイトの評価や信用にもつながってきますので、正しい知識や注意点、用途をしっかり理解した上で設定を行ってください!

 

【カテゴリー】と【タグ】の用途と、設定する必要性について

そもそも、なぜ投稿をする前に【カテゴリー】と【タグ】の設定をするべきなのか?というと…

例えば、【カテゴリー】の生成をせずにいきなり記事を投稿しようとすると、以下のような感じで【未分類】しか選択できないんですよ!

そうなってくると、あなたのサイトに訪れた読者さんは【未分類】の中から、目当ての記事を探すことになるんです。

テーマやネタが違う記事を書こうとも、同じ【未分類】にカテゴライズされてしまっては…かなり不便ですよね!

 

でも、【カテゴリー】や【タグ】を生成することで「この記事は、こんな種類の記事ですよー」という事を読者にわかりやすく示すことができるんです。

本記事『WordPressで記事を投稿する際の【カテゴリー】と【タグ】の設定手順と注意すべきポイントを初心者向けに解説!』も以下のように『WordPress』という【カテゴリー】に属しています。

 

【タグ】に関しても考え方はほぼ同じで、”カテゴリ”を更に細分化させたものと考えてください。

特に難しく考える必要はなく、

カテゴリ=大項目
タグ=中項目

といった感じのイメージです。導入しているWordPressテンプレートによって異なりますが、記事には以下のように【タグ】表示されます。

記事数が少ない時はまだ良いのですが、記事数が多くなってくると【カテゴリー】や【タグ】分けされていない状態だと非常に扱いづらいサイトになります。

記事毎に【カテゴリー】及び【タグ】分けすることでサイト内のユーザビリティ( ユーザーにとってのWebサイトの使いやすさ)を上げる非常に大切な役割となります。

なので、記事を初投稿する際には必ず【カテゴリー】【タグ】の設定を行うようにしましょう!

 

記事投稿の際の【カテゴリー】選択方法

記事投稿の際の【カテゴリー】選択方法ですが、いたって簡単です!

画面右側に位置する【カテゴリー一覧】より、投稿する記事に適したカテゴリーのチェックボックスにチェックを入れて選択しましょう。

なお、カテゴリーを選択する以前に

「そもそも、まだカテゴリーの作成なんてしてないよー」ということであれば、以下の記事の手順を参考にカテゴリーの生成を行ってくださいね!『未分類』以外のカテゴリーを作ることができますよ!

WordPressで初めての記事投稿をする前に行うべき【カテゴリー】の作成方法を解説!

2017.10.14

【カテゴリー】選択の際の注意点

【カテゴリー】を選択する際、ひとつ注意しておくべきことがあります。

それは「必ず、カテゴリー選択は1記事1種類におさえる」ということです。

 

よくやりがちではあるのですが、例えば1つの記事を複数のカテゴリに所属させてしまうと…

見栄えも悪くなり、ユーザビリティ(ユーザーの使いやすさ)も落ちてしまいます。

なので、記事投稿時には”1記事1カテゴリ”を意識してくださいね!

 

記事投稿の際の【タグ】挿入方法

記事投稿の際に【タグ】を設定する方法ですが、こちらもいたって簡単です!

画面右側に位置する【タグ】より、投稿する記事に適したタグを空欄に入力し、【追加】をクリックするだけです。

補足
タグ入力画面の下部に、【よく使われているタグから選択】という項目があります。

そちらをクリックすると、既に使われているタグの一覧が表示されます。

入力しようとしているタグが既に存在する場合は、こちらから選択するようにしましょう!

【タグ】の使用例

少しピンと来ない方のために、タグの使用例をお伝えしますね!

 

例えば、先ほどの【カテゴリー】の説明の時と同様で

タイトル=『WordPressで記事を投稿する際の【カテゴリー】と【タグ】の設定手順と注意すべきポイントを初心者向けに解説!』

カテゴリー=『WordPress』

という記事だとします。

 

すると、例えば『タグ』には

「タグ」
「カテゴリー」
「初心者」
「操作解説」
「記事投稿」

といった情報を、以下のように記事の投稿時に入れるイメージです。

タグを挿入して実際に投稿したあとは、実際の記事を閲覧してみるとタグは以下のような表示がされます。

【タグ】挿入の際の注意点

ユーザビリティを高めることができる便利な【タグ】ですが、タグを入れる際に注意しなければならない点があります。

それは、『似た言葉をタグに入れ込まない』ということです。

 

例えば、【操作解説】と【基本操作解説】という、似た言葉をタグとして入れてしまう例がありますが、入れるのであればどちらか一方の言葉を入れるようにしましょう。

 

なぜなら、複数の言葉があると見る側の読者さんが混乱してしまうからですね。

その為、似た言葉を複数入れないように注意しましょう!

 

まとめ

ということで、今回はWordPressの記事投稿時に設定する必要がある【カテゴリー】と【タグ】の正しい設定方法と、注意すべきポイントをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか!

WordPressにおいて、【カテゴリー】と【タグ】はサイトのユーザビリティ(ユーザーの使いやすさ)向上に非常に大事な役割を担っています。

あなたのサイトの評価や信用にもつながってきますので、正しい知識や注意点、用途をしっかり理解した上で設定を行ってくださいね!

 

 

今すぐ無料で受け取れる本教材を元に、WEBから月30万円 稼ぐ自動収入の仕組みをつくりませんか?

『ブログ・メルマガで月30万円稼ぐマーケティングパパがお伝えするアフィリエイトのスタートアップ講座』を今だけ無料でプレゼントしています!

内容は70項目以上の章・総文字数30万文字超の大ボリュームコンテンツとなっており、さらに有料級豪華特典も付いております。本教材を元にWEBから月30万円稼ぐ仕組みをつくりませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください