WordPressの【グローバルメニュー】に固定ページやカテゴリーを設置する方法!階層の作り方も解説

飯島裕之ことKunKunです!

本日もWEBを使って楽しく稼ぐための正しい知識・情報を発信します。

 

今回は、WordPressにおける【グローバルメニュー】の作成・設置方法について解説していきます。

【グローバルメニュー】とは、本ブログのヘッダー下にもある以下のようなメニューのことです!

ヘッダー直下にグローバルメニューを設置することで、あなたの見て欲しい「記事カテゴリー」や「サービスページ」「メルマガ登録フォーム」などに誘導することができます。

読者さんにとっても、サイト内のいろいろな記事を回遊しやすくなるので、ユーザビリティ(使いやすさ)が向上し、ブログの滞在時間も上がります。

 

なので、この記事で解説する設置方法を元に、運営するサイトには必ず「グローバルメニュー」を設置するようにしましょう!

グローバルメニューの作成方法

まずは、あなたのサイトにグローバルメニューを作成する方法を解説していきます。グローバルメニューは何も、ヘッダー直下だけでなくフッダーに表示させることもできるので、しっかりと設定していきましょう!

1,ダッシュボードより【外観】-【メニュー】をクリック

あなたのWordPressのダッシュボードにログインし【外観】-【メニュー】をクリックしましょう!

 

2,【メニュー名】に任意のメニュー名を入力し【メニューを作成】をクリック

 

3,画面左側よりグローバルメニューに追加したいページを選択し【メニューに追加】をクリック

基本的にグローバルメニューにはお好きな「固定ページ」や「カテゴリー」を追加するので、画面左側より追加したいメニューを選択するようにしましょう!

また、「そもそもまだ固定ページの作成方法がわからないよー」という場合は以下の記事を参考に固定ページを作成してみてくださいね!

WordPressにおける【固定ページ】とは?作成・編集・削除・応用の方法を初心者さん向けに徹底解説!

2018.02.11

 

補足

「外部リンク」や「サイトのホーム」など一定のURLページをグローバルメニュー一覧に表示したい場合は、【カスタムリンク】より、追加したい【URL】とグローバルメニュー一覧に表示したい【リンク文字列】を入力後【メニューに追加】をクリックすれば、OKですよ!下記画像の要領で行ってくださいね!

 

4,最後に【メニュー設定】-【メニューの位置】より表示したい位置にチェックを入れ【メニューを保存】をクリック

補足

また、【メニュー設定】上部の【固定ページを自動追加】のチェックは外しておきましょう!なぜなら、ここにチェックをいれておいてしまうと…何か新たに「固定ページ」を作成した時に、表示したくない「固定ページ」であってもグローバルメニューに自動で追加されてしまうからですね!

グローバルメニューに階層を作り副項目として表示する方法

メインメニューの下にあたるサブメニューがあるように、下記画像のようにグローバルメニューにも簡単に副項目・階層を作ることができます。

で、階層を作成し副項目を表示させる方法についてですが、いたって簡単です。

 

下記画像のように階層の副項目として表示したいメニューをドラッグ&ドロップでマウスを動かし、メインメニューの下に持っていくだけで完了です。

階層ができると、表示部分に【副項目】と記されるようになるのと、メニューバーがメイン項目より一段下(若干右寄り)に表示されるようになります。

以上で、グローバルメニューに階層を作り副項目として表示する方法については完了です!

 

まとめ

ということでいかがでしたでしょうか!

ヘッダー直下にグローバルメニューを設置することで、あなたのサイトはかなり見やすいものに変えることができます!

あなたの見て欲しい「記事カテゴリー」や「サービスページ」「メルマガ登録フォーム」などに誘導することもできますので、本記事で解説した設置方法を元に、ぜひ「グローバルメニュー」を設置するようにしましょう!

無料で受け取れるマニュアルを元に、WEBから月30万円 稼ぐ自動収入の仕組みをつくりませんか?

『ブログ・メルマガで月30万円稼ぐマーケティングパパがお伝えするアフィリエイトのスタートアップ講座』を今だけ無料でプレゼントしています!

内容は70項目以上の章・総文字数30万文字超の大ボリュームコンテンツとなっており、さらに有料級豪華特典も付いております。本教材を元にWEBから月30万円稼ぐ仕組みをつくりませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください