ブログ記事が読まれるかどうかはタイトルの決め方次第?タイトル付けの際に意識すべき7つの要点を解説

飯島裕之ことKunKunです!

本日もWEBを使って楽しく稼ぐための正しい知識・情報を発信します。

 

読者に役立つであろう渾身の内容をブログ記事として書いているはずなのに…待てど暮らせど、書けども書けども、アクセスが一向に集まらない!なんて事で悩んでいませんか?

もしかしたらその原因は、記事のタイトルの付け方にあるかもしれません。

星の数ほどの多くの情報で溢れかえっているインターネット上で、自分のブログ記事を選び読んでもらうためには、タイトルで惹きつける必要があるんです!

 

例えば、何かに悩み、解決策を求めて検索するユーザーさんは、検索結果で表示されたもの全てを開いてみるわけではありませんよね?

「タイトル」次第で自分ごとかどうか?を判断し、その先クリックして内容を読むかどうかを決めるんです。

なので、いくら記事の中身が、ユーザーさんの悩みに対する解決策が詰まっている良質なものでも、ユーザーさんがタイトルを見て「自分には関係ない」と感じてしまったらスルーされてしまう。

つまり読まれることはないんですね!

ということでこの記事では、ブログ記事のタイトルの重要性についてお伝えした上で、読まれる記事タイトルの付け方について7つのポイントを解説します!

 

ブログの記事タイトルはアクセスを集める上で最重要!その理由とは

ブログアフィリエイトにおいて、記事のタイトルはアクセスを集める上での”命”とも言える最も重要な部分なのですが…

 

あなたはブログ記事のタイトルを適当につけて投稿してしまっていませんか?

 

例えば、

悪いタイトル例

『僕が週末に旅行に行った際に最高だったお話』

『今日は夜遅くに焼肉を食べてきた』

といったように。

しかし、上記のようなタイトルの記事では、記事の中身・内容をしっかり書いていたとしても読者からのアクセスが集まりにくくなってしまうかもしれません。

 

じゃあ、「なぜ中身・内容がしっかり書かれていても、記事タイトルが適当だと読まれないのか?アクセスが集まらないのか?」という理由なんですが、主に以下のように

  • Google等の検索エンジンで検索する際に、記事タイトルに入ったキーワードを重視されるから
  • ユーザー自身も「タイトルを見た上で」記事をクリックし中身の内容を見るかどうかを判断するから

と、いったように2つあります。

では具体的にどういうことなのか?それぞれについて以下より詳しくお伝えしていきますね!

 

理由1:Google等の検索エンジンで検索する際に、記事タイトルに入ったキーワードを重視されるから

ブログの【記事タイトル】がアクセスを集める上で、最も重要な部分であると言える1つめの理由は『Google等の検索エンジンで検索する際に、記事タイトルに入ったキーワードを重視される』というものですね。

例えば、「ダイエット 運動」というキーワードで検索してみると…このキーワードが【記事タイトル】に含まれている記事が選ばれるんです。当然ですよね!

でも、逆に言えば「ダイエット 運動」というキーワードがタイトルに入っていない記事は、どんなに本文・内容に「ダイエットをするための運動方法など」に関連することが色濃く詳細に書かれていたとしても検索結果では選ばれにくくなってしまうんです。

つまるところ、『記事のタイトル次第で検索にひっかかるかどうか?が左右される』と言っても過言ではないくらい非常ーーーに重要な項目なんですね!

「【記事タイトル】にキーワードが含まれていなければ検索されることがない!」と言っても過言ではないでしょう。

 

理由2:ユーザー自身も、検索をかけた際に記事タイトルを見てアクセスするかどうか決めるから

そして、ブログの【記事タイトル】がアクセスを集める上で、最も重要な部分であると言える2つめの理由は『ユーザー自身も、検索をかけた際に記事タイトルを見てアクセスするかどうか決める』という部分です。

これは、きっとあなた自身を思い返してみてもそうだと思います。

たとえば、何かしら悩んだ時に悩みの解決策を求めてGoogleなどの検索エンジンを利用すると思うんです。

その際に、幾つかの検索結果が表示されるわけですが、【記事タイトル】を見た上で「ああ、この記事なら解決策が載ってそうだなー!」と判断し、クリックしてその先の内容を読みますよね?

逆に、自分の悩み・知りたい事と関係のない【記事タイトル】って…アクセスしようと思わないはずなんです(笑)

 

ダメなタイトルの例えとして、先ほど例に挙げた

悪いタイトル例

『僕が週末に旅行に行った際に最高だったお話』

『今日は夜遅くに焼肉を食べてきた』

というタイトルなんかは、完全に書き手側の自分ごとですよね!

当然ですが、そもそも読者さんは書き手のことを知りませんし、あなたのプライベートに興味はありません。わざわざ知らない人のプライベートを検索し、自分の悩みとは関係のない記事を探すわけがないんですよね!(あなたが有名人であれば別ですが)

 

このように、検索するユーザー側の立場に立てば【記事タイトル】の重要性がさらに一目瞭然なわけです。

ということで、

  • Google等の検索エンジンで検索する際に、記事タイトルに入ったキーワードを重視される
  • ユーザー自身も「タイトルを見た上で」記事をクリックし中身の内容を見るかどうかを判断する

という事からもわかるように、記事タイトルは適当につけたらアクセスを呼び込むことができない,ブログ記事を書く上で最も重要な項目であるということが言えます!

 

読まれる記事タイトルをつけるために意識すべきこと

ブログアフィリエイトにおいて、「記事のタイトルはアクセスを集める上で最も重要な部分だ」ということはわかった。
そして、その理由が

  • Google等の検索エンジンで検索する際に、記事タイトルに入ったキーワードを重視されるから
  • ユーザー自身も「タイトルを見た上で」記事をクリックし中身の内容を見るかどうかを判断するから

である!ということもわかった。

じゃあ、ユーザーから読まれる記事タイトルをつけるためには、具体的にどのようにすれば良いの?と感じたことと思います。

 

なので、ここからは実際にブログ記事を投稿する際、『読まれる記事タイトルをつけるために意識すべきこと』について以下の7つのポイントをお伝えしていきます!

  1. 読み手が実際に使うキーワードを入れる
  2. 検索キーワードを出来るだけタイトルの先頭に持っていく
  3. 合わせて検索されやすいキーワードも一緒にタイトルに組み込む
  4. キーワードを詰め込みすぎないようにする
  5. 不自然でない場合は具体的な数字を入れる
  6. 連番にしないようにする
  7. タイトルを見ても内容がわからない曖昧なタイトルにしない

 

それでは、以下より順番に詳細を解説していきますね!

1,読み手が実際に使うキーワードを入れる

あなたのターゲット。つまり検索してくる読み手に寄り添い、ちゃんと理解できる言葉を入れるようにしましょう。

ターゲットに伝わらない専門用語をタイトルに入れるのは、もっての他ということです!

 

なぜなら、ターゲットとしているユーザーさんが使わないキーワードを盛り込んでも、ユーザーさんがその言葉で検索しないわけですから、どんなに詳しい内容を本文中に書いていたとしても、記事を見つけ出してくれる可能性が低いからですね。

 

そう分かっていても、情報提供者側の立場になると発信するジャンルに詳しくなりすぎてしまい、ついつい無意識に専門用語を盛り込みすぎてしまいがちになるものです。

でも、例えば、筋トレ初心者さんをターゲットに記事を書くとなった場合…まだ理解できていない玄人が使う専門用語をつらつらと並べられている以下のような記事タイトルを見たとしたらどうでしょうか?

悪いタイトル例

『トレーニングをはじめたのに筋肉がつかない?ハードゲイナー必見のおすすめウェイトゲイナーをご紹介!』

ちなみに『ハードゲイナー』とは、太りにくく筋肉がつきづらい体質の人のこと。『ウェイトゲイナー』とは筋肉や体重を増やすことを目的に作られたプロテインです。ばりばりの専門用語ですよね(笑)

もし、初心者をターゲットに書いた記事なのにこのようなキーワードを入れてしまったら…

「自分のレベルには合っていない」

「なんか小難しそうだな」

と思われて、アクセスされることはありません!

 

なので、しっかりターゲットである読者さんの立場に立ち、

  • 「その記事を見たい人はどんな言葉を使うか?」
  • 「その記事を見たい人はどんなキーワードで検索するのか?」

を考慮した上で記事タイトルを決めるように心がけましょう!

また、「その記事を見たい人はどんな言葉を使うか?」「その記事を見たい人はどんなキーワードで検索するか?」などを把握するためのキーワード選定方法については以下の記事で詳しく解説しておりますので是非参考にしてみてください。

アフィリエイト先発組に勝とう!ブログ記事【キーワード選定】の「概要」と「選び方の基準」を解説

2018.03.06

 

2,検索キーワードを出来るだけタイトルの先頭に持っていく

読まれる記事タイトルをつけるために意識すべきこととして『検索キーワードを出来るだけタイトルの先頭に持っていく』ということも挙げられます。

 

例えば、以下に記事タイトルの良い例と悪い例を挙げましたが「アフィリエイト ブログ・メルマガ」というキーワードを用いて「アフィリエイトで稼ぐならブログとメルマガが最適だよー」という内容の記事タイトルを付けるとするなら…後者のタイトルの方が最善ということです。

悪いタイトル例

『紹介する商品の特徴を踏まえ、最適な媒体は?アフィリエイトにおすすめのブログ・メルマガについてお伝えします』

良いタイトル例

『アフィリエイトする媒体はなぜブログ・メルマガが最適なのか?紹介する商品の特徴を踏まえ解説します』

で、なぜ検索キーワードを出来るだけ先頭に配置するべきか?というと…検索エンジンは記事タイトルの前の方にあるキーワードを重要だと認識するからですね!

また、タイトルが29文字を超えてしまった場合、後半部分に関しては以下のように表示しきれないこともあるからですね!(検索には反映されますけどね!)

無理やり先頭の方に詰め込み、日本語としてタイトルがおかしくなってしまうようであれば本末転倒ですが(笑)

バランスを見ながらもできることであれば、重要なキーワードをなるべく記事タイトルの先頭に位置することを心がけてくださいね!

 

3,合わせて検索されやすいキーワードも一緒にタイトルに組み込む

読まれる記事タイトルをつけるためには『合わせて検索されやすいキーワードも一緒にタイトルに組み込む』ということも意識しましょう。

前段落でも挙げた『アフィリエイトする媒体はなぜブログ・メルマガが最適なのか?紹介する商品の特徴を踏まえ解説します』という記事タイトル例に関しても…「紹介、特徴」といったキーワードは合わせて検索されている関連キーワードなんですよ!

上記のような合わせて検索されている関連のあるキーワードのことを複合キーワードと言いますが、メインとなる需要が大いビッグキーワードと複合して、他にもいくつかのキーワードをチョイスすることで、検索エンジンにひっかかりやすくなります。

 

例えば、「痩せるための食事」についての記事を書いたとしても、「ダイエット」「ダイエット 食事」というキーワードではライバルサイトが多すぎて、検索順位も低くなるためユーザーさんがあなたの記事までたどり着けない可能性があります。

なので「ダイエット 食事 メニュー」といったように、3〜4つまでキーワードを設定しましょう!そうすることで、ユーザーさんが記事を見つけやすくなります!

そして、コツコツとユーザーさんから記事を読んでもらうことによって、Googleさんからの評価も上がっていき、徐々に「ダイエット 食事」という2つのメインキーワードだけでも上位表示されるようになるんですね。

 

なので、合わせて検索されやすいキーワードも一緒にタイトルに組み込むことを心がけるようにしましょう!

また、以下の記事では「合わせて検索されやすい複合キーワードを集めるために最適な便利ツール」を紹介していますので、よかったら参考にしてみてくださいねー!

ブログアフィリエイトのキーワード探しに最適な無料便利ツール4選!選んだキーワードは検索需要も把握しよう

2018.03.05

 

4,キーワードを詰め込みすぎないようにする

前段落では、読まれる記事タイトルをつけるためにも「合わせて検索されやすいキーワードも一緒にタイトルに組み込もむという事を意識しましょう。」とお伝えしました!

が、だからと言ってキーワードを、やたらむやみに詰め込みすぎたり羅列するだけにならないように意識する必要があるんですね!

例えば以下のような

悪いタイトル例

『自宅で簡単に痩せるためのダイエット方法をご紹介!運動方法や食事のメニューや最適なタイミングなど』

『自宅 簡単 ダイエット 方法 運動方法 食事 メニュー タイミング』

 

このようなタイトルだと、キーワードを詰め込みすぎていてどんな記事なのかわからないですよね(笑)

羅列するだけのタイトルはもちろんですが、詰め込みすぎると、上手くつなぎ合わせたつもりでも日本語として変な風になってしまうことも多いです!

なので、「あくまでも読む人、クリックする人は人間である」ということを念頭においた上で、記事タイトルに含めるキーワードは3〜4語くらいにとどめておきましょう。

 

5,不自然でない場合は具体的な数字を入れる

無理やり差し込む必要はありませんが、記事タイトルに具体的な数字を差し込めそうな場合は、数字を入れることも意識してみましょう!

例えば、以下のようなイメージですね。

良いタイトル例

『WordPress運営に必須なおすすめプラグイン12選!それぞれの使い方・インストール・設定方法までご紹介』

『ブログアフィリエイトにおける【プロフィール】の書き方!訪問者をファン化する7つの構成要素を解説』

『ブログアフィリエイトのキーワード探しに最適な無料便利ツール4選!選んだキーワードは検索需要も把握しよう』

このように、具体的数字を提示することで、

「これなら読んでみようかな」
「具体的に取り組めそうだな」
「達成することができそうだな」

と、感じてもらうことができます。

具体的な数字を入れることにより、その記事に掲載されている情報量の目安になるわけですね。

 

また、なにより数字は説得力を与えるのに適しています!

例えば、小さい値の数字であれば、「1つ1つ詳細な解説が記載された記事なんだろうなー」というイメージが湧きますし、大きい値の数字であれば、「簡単な紹介がジャンル別にまとめられている記事だろうなー」といったようにある程度、記事に対しての情報量のイメージがつきます。

なので、ユーザーは目的や時間に応じて「読んでみようかな!」選んでくれやすくなるんです。(「後で読もう!」と、ブックマークしてくれたりする可能性もありますね!)

 

街頭広告のキャッチや、書籍タイトルなども、数字を入れるだけで実際に売り上げがアップするという事例が多くあるように、記事タイトルに差し込むことで読んでもらえる可能性を上げることができるので意識してみてください。

注意
タイトルに数字を差し込んだ方が読まれる可能性が高まるとは言っても、すべての記事に無理やり数字を差し込むといった事はやめましょう。
日本語として不自然になってしまいますし、特に記事が一覧で並んだ場合などには、全て同じようなワンパターンのタイトル構成になってしまい、無理やり数字を組み込んだ事がバレバレになってしまいます。

 

6,連番にしないようにする

読まれる記事タイトルをつけるためには、タイトルを『連番にしないようにする』ということも意識しましょう。

例えば、以下のような

悪いタイトル例

『WordPressの構築手順その1』『アフィリエイトの質問に答えますシリーズ1』

『WordPressの構築手順その2』『アフィリエイトの質問に答えますシリーズ2』

『WordPressの構築手順その3』『アフィリエイトの質問に答えますシリーズ3』

といったような記事タイトルですね。

 

なぜ連番タイトルがNGか?というと…連番にしてしまうと、その記事には何が書いてあるのか?を検索したユーザーさんは把握できませんし、そもそも色んなキーワードで検索される可能性を取りこぼしていることにもなるんですよね。

例えば上記に例を挙げた『WordPressの構築手順』の内容の記事であれば、その構築過程として

  • ドメイン取得
  • レンタルサーバー契約
  • WordPressインストール
  • テーマ(テンプレート)の適用
  • プラグインのインストール

などといった工程があります。

これらは本来であれば、キーワードとしてそのままタイトルにさし込めば一定のアクセスを集めることができるんですよ!

なぜかというと、上記のキーワードで「WordPress 構築 テーマ」「WordPress 構築 プラグイン」といったように検索する人が存在するからですね。

 

ですが、「WordPress 構築 その1」「WordPress 構築 その2」といったような検索をする不思議な人は…まあ、いませんよね(笑)

それに、「その1」という記事タイトルでは、どこまでの工程を解説してくれているのか?すらもわかりません。

なので、記事タイトルには連番を使わず、必ず内容に準じたキーワードを含めるように意識しましょう。

 

7,タイトルを見ても内容がわからない曖昧なタイトルにしない

タイトルを『タイトルを見ても内容がわからない曖昧なタイトルにしない』ということも心がける必要がありますね!

“タイトルを見ても内容がわからない曖昧なタイトル”とはどういうことか?というと、例えば以下のようなタイトルですね。

悪いタイトル例

『WordPress構築の基礎を解説』

『アフィリエイトの基礎を解説』

『筋トレ講座初級編』

…これでは、記事にどういった内容が書かれているのかわかりません(笑)

 

【基礎】というのは、「具体的にどこからどこまでが基礎内容なのか?」がわかりませんよね。

【初級編】というのも、「具体的にどこからどこまでが初級内容なのか?」がわかりませんよね。

 

それに、書き手と読み手で解釈の仕方も違います。

例えば、書き手の頭の中の基礎・初級は「1〜3までの過程」と解釈していたとしても、読み手の頭の中の基礎・初級は「2〜5までの過程」という解釈かもしれませんよね。

 

タイトルを見て、この記事を読むことで読み手はどうなれるのか?結局何を知れるのか?がわからない上に、【基礎・初級】などという言い回しは、定義の幅は広すぎな上に、そもそも人によって捉え方が違うんですよね!

タイトルを見たときに、書かれている内容がバシ!っとわかるタイトルにするよう心がけ、記事の中身がわからないような曖昧なタイトルにしないように意識しましょう。

 

記事タイトルを付けるのは本文内容を書き上げてからにしよう

ここまで、記事を書く上でのタイトルの重要性を理解していただいた上で、読まれる記事タイトルをつけるために意識すべきこともお伝えしましたね!

「よし!アクセスを集めるためのタイトルのポイントも抑えたし、早速記事を書くにあたりまずはタイトルをつけよう!」と気合いが入ると思います。

が、記事タイトルを付ける際に注意してほしいことがあります!

 

それは、『タイトルを付ける作業は、記事本文を書き上げた後の1番最後にしましょう』ということです!

 

なぜか?というと…最後まで記事を書く事で、最適な記事タイトルが見えてくる事が多いからですね。

逆に、先にタイトルを決めてから本文を書き始めると、タイトルに縛られてしまい、良い記事が書けなくなってしまうこ可能性が高くなってしまいます。

また、あなたが既に記事を書いた経験があれば共感頂けるかもしれませんが…最初に記事タイトルを決めたとしても、本文内容を書いているうちに、付けるべきタイトルが変わってくるものなんです。

 

なので、記事のタイトルは本文内容を書き上げてから考える事をおすすめします!

 

まとめ

ということでいかがでしたでしょうか!

ブログの記事は、

  • Google等の検索エンジンで検索する際に、記事タイトルに入ったキーワードを重視する
  • ユーザー自身も「タイトルを見た上で」記事をクリックし中身の内容を見るかどうかを判断する

といった理由から、どんなに中身・内容がしっかり書かれていても、タイトルが適当だと読まれないんですよね!

なので記事タイトルは適当につけず、今回紹介した

  1. 読み手が実際に使うキーワードを入れる
  2. 検索キーワードを出来るだけタイトルの先頭に持っていく
  3. 合わせて検索されやすいキーワードも一緒にタイトルに組み込む
  4. キーワードを詰め込みすぎないようにする
  5. 不自然でない場合は具体的な数字を入れる
  6. 連番にしないようにする
  7. タイトルを見ても内容がわからない曖昧なタイトルにしない

という7つのポイントを意識してタイトル付けするようにしましょう!

 

また、記事のタイトルを付けるのは本文内容を書き上げてからにするよう心がけてくださいね。

無料で受け取れるマニュアルを元に、WEBから月30万円 稼ぐ自動収入の仕組みをつくりませんか?

『ブログ・メルマガで月30万円稼ぐマーケティングパパがお伝えするアフィリエイトのスタートアップ講座』を今だけ無料でプレゼントしています!

内容は70項目以上の章・総文字数30万文字超の大ボリュームコンテンツとなっており、さらに有料級豪華特典も付いております。本教材を元にWEBから月30万円稼ぐ仕組みをつくりませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください